モノリスの下敷き

アニメ、ゲームなどの拙い感想とか色々綴ります。 最近は書くことなくて無理やりひねり出し気味の模様。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義弟と義姉 5

 実験(ry
 これでラストです。中途半端な感じは否めないのですが、とりあえず一つの形には収まっているかと。
 最後まで読むとわかるんですが、恋愛ものと言うには語弊がある気がする……。
 長編とかいつか書きあげたいと思ってます。多分現代ファンタジー。


義弟と義姉 1
義弟と義姉 2
義弟と義姉 3
義弟と義姉 4

 ではでは、『義弟と義姉』を読んでいただけるのであれば「続きを読む」からお願いします。





  足が痛くなってきて、呼吸も荒れてきた頃に、商店街の入り口に来た。
 商店街に踏み入れると同時、見覚えのあるような無いような顔が見えた。多分義姉の友達だ。その中には男友達も居たが、俺には気付かず、何故かその内の一人は気不味そうな顔をして商店街から去っていった。
 どうでもいいのでカラオケボックスに向かうと、店の前には義姉と工藤先輩、それからその周りに居る3人の女子生徒も友達なんだろう。
「工藤先輩!」
「お、ナイト様ご到着っすね」
 冗談と挨拶はさておいて、姉の姿を探した。が、姉の姿は見えない。
「えと、月見は」
「ああ、そろそろ――」
「あ、コーちゃん!」
 誰がコーちゃんか。
 少し自覚して首を向ける自分が情けないけど、そんなことより一人で店の中から出てきた、いつもよりテンションの高い義姉は心なしかいつもより顔が赤い。何でだろうと1秒ほど考えて、状況から出る結論は一つだった。
「酒飲んだんですか」
「あー、うん。ごめんっすー」
「いいですよ。弱いの判ってて飲んだ月見が悪い」
 月見は酒に弱い。言ったとおり自分で弱いことを判っているのだが周りに勧められると断れない。
「酔っちゃいませんよー! 確かに気分悪くなって吐くもの吐いたかもしれないけど!!」
 誰も訊いてない。
「これを連れて歩くのしんどいし、男子が何人か立候補したけど身の程知らないから信用できないし、だったら空平君に任せようと思ったんすよ」
 しんどいって、ひどいな親友。
「まあ、とりあえず姉弟仲良く帰ってくださいな! ニシシシっすー」
 なんつう笑い方かと思ったが、突っ込む理由も無いのでそのまま見送った。義姉は吐くもの吐いて落ち着いてきたようで、しかしまだ正気とは言えない。
「月見、帰ろう」
「うぃー」
 一人で歩こうとする義姉は明らかに千鳥足で、人が雑多に歩き回る商店街では迷惑になること間違いなしだ。
 恥ずかしいが、ここはおんぶしてやるしかない。
「お姫様抱っこーがいいなあ」
 なんて戯言は無視。
「何で酒なんて飲んだんだよ」
「いつのまにかー」
 多分、冗談のつもりで誰か頼んだのだろう。世の中アルコールに対して規制が厳しい店ばかりとは限らない。
「気をつけろよ……」
「おっけー」
 多分、また同じようなことになる気がする。これで工藤先輩がいなかったらどうなってたことやら、あの男の先輩のうちの誰かに如何にかされてたかも知れない。そんなことを思うのは大げさだろうか。
「三科くんがねえ、あの弟くん、似てないねって言ったんだ」
「……、そりゃそうだ」
「それでね、アイツお前のこと狙ってるから気をつけろって、ああいう暗いのは何するか分からないからって」
 余計なことを。つうか三科って誰だよ。
「そしたら何人か頷いたり笑ったりしてね、私ね。カチンときたんだ」
「何に対して」
「さあ? でもねー、なんて言ったかは覚えてないけどね、気がついたら叫んでたんだ」
 普通身内を馬鹿にされて頭に来ない奴なんて居ないと思う。俺だって家族を馬鹿にされたらムカつくし、そもそも冗談だろうと人様の身内を馬鹿にする奴も珍しいと思う。
 ただ、義姉が俺の侮辱に対して怒ってくれたことが嬉しくて、鏡が目の前にあれば、にやけている俺の顔が映っていたかもしれない。
「でも……、可能なら明日にでも謝っとけよ? そんなん本気にすること無いから。俺とあの人たちは月見を通さないと会う機会無いだろうし、気まずいとか気まずくないとか、そんな仲にはなりえないから」
「………………」
「わかったか?」
「………………」
 後ろを向いてみる。しかし顔は見えない。代わりに定期的な寝息が聞こえてきた。多分、今の会話は忘れ去られて、けど、月見なら自分で勝手に謝りに行くだろう。
「んー……」
 やはりおんぶされた状態だと寝苦しいのか、体を出鱈目に動かしてくる。
 もう家まではそんなに遠くない。俺が少し息切れするくらいで月見が安眠できる場所にいけるならと、少し重い足を思い切り蹴った。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokumono.blog97.fc2.com/tb.php/259-fc6dbe51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

六村モノ

Author:六村モノ
大阪府在住のニート。
趣味は主に2次元関連。せっかくだから読書とでも言っておきましょうか……。

連絡などありましたらこちらまで。
tkyss555あっとyahoo.co.jp
(あっと=@)

『黄昏のシンセミア』を応援しています!

このブログはリンクフリーです。事前報告も事後報告要りませんので悪用で無い限りはバンバン貼っちゃってください。リンクしたい人がいるかどうかは置いといて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲーム・ブログ・ランキング

クリックしていただけるとありがたいです。

カードゲーム・ブログ 【18禁】ギャルゲー・ブログ

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援バナー

ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定 ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定 ゆずソフト最新作ドラクリオット! 【明日の君と逢うために】応援バナー 『るいは智を呼ぶ』を応援しています! 『るいは智を呼ぶファンディスク』を応援しています! 『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています! 『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています! Dies irae~Acta est Fabula~応援中! 『黄昏の先にのぼる明日-あっぷりけFanDisc-』 PULLTOP LATTEデビュー作『彼女と俺と恋人と。』 『LOVELY×CATION2』を応援しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。