モノリスの下敷き

アニメ、ゲームなどの拙い感想とか色々綴ります。 最近は書くことなくて無理やりひねり出し気味の模様。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「STAR DRIVER 輝きのタクト」第9話 感想。

 スカーレットキスはどうにもならなかったみたいだね。ということで「STAR DRIVER 輝きのタクト」第9話の感想を書きます。
 サブタイトルは「そんなミズノの初恋」。先週で一段落ついてるので今回から新展開ですね。

 スガタんちにお泊り。タクトが。アバンタイトルに関してはほぼ雑談ですよね。楽しいから良し。心なしスガタのイメージが変わった気がするよ。
 そしてミズノとマリノ登場。ミズノちゃんはバスの屋根に乗って無賃乗車。アニメで美少女だからいいけど、実際やったらただのDQN……。バスの後ろにしがみついて無賃乗車した学生もいるんだぜ……。
 そして男子便所に突貫するミズノちゃんぱねえ。そりゃあ、誰だって焦るよ。そしてタクトにフラグ発生。これが初恋だそうです。いや、もしかすると副部長かもしらんけど。
 「トイレで一緒に」。うん、言葉が悪すぎる。そして副部長死す(笑)
 綺羅星総会は、第2隊バニシングエイジ代表・ヘッドがどうせ第2フェイズのままじゃ勝てねえって休養を取るので代わりに代表となったマンティコールの登場。まった分かりやすいなあ……。
 サイバディ・アインゴットは破損状況にあるけど、どうやら科学ギルドがサイバディの修復を可能にした様子。アインゴットの探査能力で巫女を発見できるらしいけど、その前にプロフェッサーグリーンのサイバディを修復すればいいんじゃなかろうか。油断してなきゃ間違いなく勝ってたでしょうに……。
 バニシングエイジにはさらに新キャラが3人。やる気の無さと裏に何かある感じとカマセ臭が酷い。ヘッドにもマンティコールにも特に忠誠を誓ってる様子はないですけど、目的の方はしっかりわかってる様子。
 
 本日の対戦はバニシングエイジ新キャラ3人組の一人、スティックスター。なんだスティックスターって……。
 今回のサイバディは割とかっこいい感じじゃないでしょうか。やっぱ私しかそう思ってないかもしれないけど!
 このサイバディもスターソードを所持。と思ったらソードじゃなくて槍だったでござる。まあ、剣でも槍でもいつも通りの戦闘でしたけど。やっぱ、サカナちゃんの歌がないと寂しい気がする。
 スティックスターさん、やっぱ第3フェイズじゃないと勝てないとか何とか。見事なまでのかませっぷりです。

 戦闘後終わったらお風呂シーン。まあそれは置いといて。
 やっぱりミズノが巫女に確定。そしてマリノはマンティコール。必ず守るとかって、主人公以外が言うと守れないフラグになる気がするんですけど、どうなんでしょうね。
 そういえばエンディングのバスの絵がサカナちゃんからミズノに変更されてる。眼鏡掛けたミズノちゃん可愛い。
 
 来週は第10話「そしてマリノの初恋」。
 お前もかあああ!!
 
スポンサーサイト

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック

「のーぶる☆わーくす」体験版をプレイしましたよー。

 昨日の夕方くらいから待機してました、「のーぶる☆わーくす」体験版!
 本日の0時過ぎくらいに来て超テンション上がる。DL30%あたりまでは調子良かったんですけど、そこから先は残り時間3分30秒からなかなか進まないっていう……。まあ、それでも割と早めにDL終わったほうなんじゃないでしょうか。

 ストーリーの方は公式サイトとか見てもらえればと思います。
 肝心の中身といえばいつも通り、安心の学園物ですね! いや、これ超大事。主人公の境遇がアレですけど、やっぱおもしれえ。
 主人公といえば執事としての働きっぷりがどっかで見た事あるような。執事をやるにあたって参考にするのがアレっていうのは色々規格外な気がするんですけど、オープンスケベっぽいので女装イベントとかはないよね!

 ヒロインの中で気に入ってるのは年下の姉・兼元灯里なわけですけど、印象が大きく変わったのは間違いなく長光麻夜。彼女メインのちょっとしたイベントがあったのが大きかったですねえ。そういう意味では正宗静流とかも割と印象が変わったかな?
 やはり実際にプレイしてみないとキャラクターってのは分からないもんですねえ。大人の男性二人のダメっぷり(いい意味で)もゲームをやってみて本当に解るってなもんですよ。
 
 
 発売日は12月24日。去年だとDies irae完全版買ってました。東京に経つまでに螢ルート出来なかったの悔しかったなあ。
 今年は頑張りたいところですけど、やっぱ2、3ルートくらいが限界な予感です。そもそも買えるのか、俺!?
 

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

「STAR DRIVER 輝きのタクト」第8話 感想。

 前回のあらすじ。スガタが中二病を患っちゃったよ。
 ということで「STAR DRIVER 輝きのタクト」第8話の感想書きます。
 サブタイトルは「いつだって流星のように」。意味深ですね。

 今回はいきなりサカナちゃん。ずっと語ってきたイカ刺しサムの話が終わったと同時に開放だそうです。そしてヘッドさん苛立ちすぎ。しかし何となく人間味が見えてきたんじゃないでしょうか。
 スガタは中二病を患ったことにより性格が変貌してると思ったんですけど、そうでもなかった様子。ちょっと不良っぽくなってましたね。まじで中二病すぎるだろ……。
 綺羅星の総会はスガタの脅威性について。王の柱が怖えよって話でしたけど、スカーレットキスが余裕綽々。第一フェイズのおかげですね。
 そういえばサカナちゃんは今回で退場っぽい。そして4人目の巫女らしき少女登場。なんか元気っ子みたいな感じ。というわけで今回のバスのシーンにいた4人が巫女確定でいいのかな? アゲマキ・ワコ、サカナちゃん、ニチ・ケイト、ヨウ・ミズノ。一人退場して一人入場。しかしサカナちゃんは退場させるには惜しい人材だと思う。

 今回の対戦はタクトとスガタのマジ喧嘩。スガタの中二病はどっちかというと素とか開き直った状態なんですね。よかった、患ったわけじゃなく、その内に秘めていたものだったんだ……。
 タクトとスガタのマジ喧嘩に、スカーレットキスが割り込んできてサイバディ・ペーシェントの中にスガタを取り込んじゃったと思ったら、逆にサイバディがスガタに乗っ取られちゃったよという話。
 とりあえず、ワコを守るためにナイフ持ち歩くって、軽く考えたら相当危険な思考してるよね。
 というわけでバトルに関しては綺羅星十字団そっちのけ。喧嘩してる二人は超本気。電気棺の中のスカーレットキスはマジ泣き。
 最終的に、ザメクの力に耐えられなかったペーシェントが自壊した様子。スカーレットキスがあの後どうなったのかが気になるよ。

 タクトとスガタは友情交し合ったようで爽やかでした。予想外すぎるよ!!
 結局スガタは敵に回らないっぽいですね。かと言って戦闘に出張ってくるかどうかもわかりませんけど。王の柱が圧倒的過ぎてインフレ起こしてないか……?
 何はともあれ、一応の解決にはなったのかな? 


 次回は第9話「そんなミズノの初恋」。
 ミズノという名の少女が初恋するってのは理解した。
  
 

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック

遊戯王OCG「STORM OF RAGNAROK」買いました。

 まあ先週のことなんですけどね。
 前のパックである「STARSTRIKE BLAST」は殆ど買ってないので、ブログのネタにもなりませんでしたけど、今回はきちんと1箱分購入。
 結果はこれ↓

 アルティメットレア:極神聖帝オーディン
    ウルトラレア:極神皇トール、アトミック・スクラップ・ドラゴン
    スーパーレア:極星天ヴァルキュリア、真六武衆―エニシ、エレキリム

 今回のスーパーレア以上でどうしても欲しかったのはトール位なので、結果としてはまあ、オッケーといった所。
 今回のパックのモンスターカード、アニメとシリーズで埋め尽くされすぎだろ……。元々多い傾向にあったものの、それでも5,6種類ほどはアニメでもシリーズでもないモンスターが居たんですけどねえ。今回は2種類でした。
 とは言っても、魔法罠のおかげで、改築したデッキも少なく有りません。とりあえず友人に言われるままに組み始めたヴァイロンも、多少マシになっていく様子です。
 むしろヴァイロンは組んでみると始めた当時の気持ちを思い出しますね。とりあえずモンスター出して装備魔法付けて殴りかかってたあの頃……。
 あとトールをちゃんと手にいれたので、獣デッキでトールをシンクロしやすいように調整しました。使ってみると割と活躍できる場面が多そうですね。とりあえずオーディンに勝てるようどうにかせねば!


 次はデュエルディスク。まあ、飛ばしてデュエルターミナルの新弾ですかね。オメガとか出てくれるのはいいんですけど、せっかく組んだんだし、少しずつでもいいから末永く続いて欲しいものです。オメガで終わりとかないよね……?
 

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

「STAR DRIVER 輝きのタクト」第7話 感想。

 ひき続いてシリアス回……。シリアス回? ということで「STAR DRIVER 輝きのタクト」第7話の感想書きます。
 サブタイトルは「遠い世界」。

 王のサイバディ・ザメクとアプリポワゼして第一フェイズ能力・王の柱を使用した後に意識を失って、今週ものっけから意識を失っているスガタ。
 スガタのために祈り続けるワコ。
 その二人を見て、三人ではなく二人と一人なのではないかと悩むタクト。
 何だこの最終回近そうな展開は! そういう悩みはもっと後だと思っていた! むしろ1クール目の終わりに向けて色々しこんでいく感じなのでしょうか。
 とは言ってもタクトの悩みはこの回で解決するんですけどねえ。演劇部部長のサリナさんはいい女過ぎると思う。綺羅星十字団幹部らとは違う意味でヒロイン食ってないですか……。
 それより何より何だか久しぶりな気がする綺羅星十字団の総会。それと綺羅星もあったね! やっぱアレがないと落ち着きませんよ。シリアス回であっても必要ですね!

 今回の対戦相手は前回第一フェイズで暴走したはた迷惑な巫女さん。今回はサイバディに搭乗して勝負。
 どうでもいいけど、公式サイトのキャラクターとメカニックページ更新してくれないかな……。
 多分コンセプトは人魚なんでしょうか、地面(?)の中を潜って高速移動する能力があるようです。あと第1フェイズに出てくる分身を射出して攻撃するみたい。
 いつもどおり最初は苦戦するけど、故意か事故かのアクシデントでタクト覚醒して決着。これがきっかけかどうかは定かではないですけど、スガタが目を覚まします。戦闘に関して、しつこくないと取るか薄いと取るか、個人的には後者ですね、やっぱり。

 スガタは目覚めたのはいいけど、立ってるだけでボーッとした状態。そこへ部下を率いてスカーレットキスが登場。第一フェイズ能力を使ったハズなんですけど、効いたのかどうか。
 とにかく意識がはっきりしたスガタは中二病を患ってました……。意識をはっきりさせる為頬を殴ったタクトに対して「気をつけろ。お前、死にたいのか」。う、うわああ!? もうずっと眠っとけばよかったのに(酷


 来週は第8話「いつだって流星のように」。
 あれ、スガタさん敵に回るの早くないですか? というかスガタさんが「綺羅星!」とかやっちゃうようになるのか……? それとも第3勢力として動くのか……?

 
 

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック

「STAR DRIVER 輝きのタクト」第6話 感想。

 綺羅星が無かっただと……! ということで書きます「STAR DRIVER 輝きのタクト」第6話の感想。
 サブタイトルは「王の柱」どうやら王のサイバディの第1フェイズ能力っぽいですね。

 今回はやっとシリアス回でしたよ! キャラが全力でふざけ合う(誰もが至って真面目ですが)回も良いのですが、やっぱシリアスがないと引き締まらないよね!
 しかしサカナちゃんはブレないなー。いや、当初の大人しさを考えるとブレ続けてるのか……?
 タクトの懐中時計が気になっていたのですけど、思ったほど前に出てこなかったですねえ。むしろやっぱりというべきか、何だかんだでスガタが全面に出てましたね。
 戦士型でも巫女型でもない王のサイバディ。それとアプリポワゼできるシンドウ・スガタの過去と今が語られたわけですね。
 第1フェイズ能力である王の柱を使った人間はその直後眠りについて二度と目覚めないってすげえ嫌な予感しかしない!!
 綺羅星十字団のスタードライバー(名前がわからない……)の第1フェイズ能力によって窮地に陥るタクト、ワコ、あとジャガーとタイガーですが、タクトのリアル豪快銀河十文字斬りによって一発逆転! とうとうリアルでやっちゃったかって気がしましたね。
 しかしさらにピンチに陥ったとき、スガタが来て王のサイバディとアプリポワゼ、そして王の柱を使っちゃう訳ですね。意外と速かった嫌な予感!
 今回はスガタが全面に出ていましたが、それと同じく第1フェイズが全面に出てましたね。なんせ今回はゼロ時間に行ってない。
 そういえば、スガタとタクトの誕生日が同じだったのは本当に偶然でしょうか、なにかあるのではと思ってしまいますがミスリードだったらどうしよう……。


 来週は第7話「遠い世界」。
 シリアス回はまだまだ続きそうですね。 

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック

『猫物語(白)』を読みました。

 去年の夏ごろから読み始めて、本編終わったはずなのに完結してないですね。そしていつの間にかセカンドシーズンに突入。好きだからいいんですけどね。
 『猫物語(黒)』読んだ時、あれ、1冊で終わっちゃったよ? と思ったものですが、白は白で面白かったです。というか語り部が阿良々木暦以外になったのって初めてですよね。
 西尾維新先生の作品って物語シリーズと『めだかボックス』くらいしか読んでないんですけど、やっぱ面白いなーと思いました。
 作品の内容としては、新鮮でしたね。前述の通り、語り部は阿良々木暦ではなく、羽川翼です。セクハラされない八九寺真宵、毒が抜け落ちた戦場ヶ原ひたぎ、尊敬しすぎない神原駿河。忍野忍は割といつも通りだった気がしますけど、あと千石撫子は一瞬しか出てない。千石撫子に限ってはその出てこなさが密かに怖いけど、気のせいのはず。しかし割といつも通りだったような気がしてきた。
 なんというか羽川翼の完結編みたいな感じでしょうか、『猫物語(黒)』つばさファミリー、『化物語(後)』つばさキャット、『猫物語(白)』つばさタイガーの三部作……、何か違うな。


 次の『傾物語』ではストレスも嫉妬も受け入れた羽川翼が見れるのかなーと一瞬思いましたけど、そんな事はない気がします。
 というわけで次に出るのは『傾物語』ですね。まよいがメインのまよいキョンシー。12月なら冬コミかー、列待機の時間に読めるといいな! というか『恋物語』は来年の12月予定……遠い!
 

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

「STAR DRIVER 輝きのタクト」第5話 感想。

 今週も書きます「STAR DRIVER 輝きのタクト」第5話の感想。
 サブタイトルは「マンドラゴラの花言葉」。ちなみに幻惑とか恐怖だそうです。

 珍しくアバンタイトルから入らなかった回。
 生徒じゃないがゆえにあまり目立たなかった保健の先生、綺羅星十字団第6隊「科学ギルド」代表オカモト・ミドリ/プロフェッサー・グリーンの出番。とりあえず美少年好きなのはわかった。
 夕方五時だというのに色々飛ばしてる展開なのは相変わらず。しかしそんなスタードライバーが大好きだ!
 そういえば、綺羅星十字団内では互いの正体に関して割れてるということではないですね。「綺羅星!」が癖になる組織、それが綺羅星十字団……。
 初っ端から飛ばしすぎて、さらに先週よりテンション高いサカナちゃんを見て、30分丸々ギャグ化と思いきや、今回のサイバディは堅い防御したりダメージ測ったり、新兵器としてゼロ時間内での未来予知能力がある!! さすがのタクトも押され気味だったんですけど、新兵器のもう一つの機能であるお楽しみモードで隙だらけに。タクトが裸になって誰が得するんだよお!!
 いつ見ても豪快銀河十文字斬りはペケ字なんですけど、それ以上に今日のサイバディ(名前思い出せない)のやられ方に皆唖然だよ! 美少年の裸に見とれてたら防御も回避も間に合わなかったとかね!
 しかし今週の勝者は間違いなくオカモト・ミドリ/プロフェッサー・グリーン。

 来週は第6話「王の柱」。今度こそシリアス回か!? 今までメインキャラでありながら影が薄かったシンドウ・スガタのメイン回っぽい、けどタクトとワコは別行動なんだよね……。重要ではあるけど出番はいつもより少し多いくらいかもしれない。とりあえず王のサイバディに期待。

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

六村モノ

Author:六村モノ
大阪府在住のニート。
趣味は主に2次元関連。せっかくだから読書とでも言っておきましょうか……。

連絡などありましたらこちらまで。
tkyss555あっとyahoo.co.jp
(あっと=@)

『黄昏のシンセミア』を応援しています!

このブログはリンクフリーです。事前報告も事後報告要りませんので悪用で無い限りはバンバン貼っちゃってください。リンクしたい人がいるかどうかは置いといて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲーム・ブログ・ランキング

クリックしていただけるとありがたいです。

カードゲーム・ブログ 【18禁】ギャルゲー・ブログ

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援バナー

ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定 ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定 ゆずソフト最新作ドラクリオット! 【明日の君と逢うために】応援バナー 『るいは智を呼ぶ』を応援しています! 『るいは智を呼ぶファンディスク』を応援しています! 『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています! 『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています! Dies irae~Acta est Fabula~応援中! 『黄昏の先にのぼる明日-あっぷりけFanDisc-』 PULLTOP LATTEデビュー作『彼女と俺と恋人と。』 『LOVELY×CATION2』を応援しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。