モノリスの下敷き

アニメ、ゲームなどの拙い感想とか色々綴ります。 最近は書くことなくて無理やりひねり出し気味の模様。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「STAR DRIVER 輝きのタクト」第4話 感想。

 今週も「STAR DRIVER 輝きのタクト」第4話の感想書きたいと思います。
 今週のサブタイトルは「ワコの歌声」。4話にしてやっとヒロインのメイン回ですね。
 そういえばこのアニメ、アバンタイトルが長い。もしかするとAパート扱いかも?

 ある朝起きてみれば、この島の何処にも人がいないことに気づいたワコ。当てもなく浜辺を歩いているとそこにはタクトが居た。
 ってな感じでしょうか、そもそも何でこんなことになったのかって言うのは明かされていくんですけど、とりあえず腐女子の妄想を夕方に流しちゃうとか流石スタードライバー。相変わらず深夜アニメ顔負けですね。
 雨に濡れて雨宿り+着替えとかジュース回し飲みとかなんというラブコメ。二人だからこそですかね、こういうのって。もちろんラブコメするだけでなく、ワコから見たこの島や自分の置かれている状況というのが語られたりしてるわけですが。
 それより何より、テンション高めのサカナちゃんと、やっと動き始めた綺羅星十字団第3隊ブーゲンビリア代表ニチ・ケイト/イヴローニュにこちらもテンションを上げざるを得ない。
 あと、何も起こらない「アプリポワゼ!」ほど変なものはないですね!
 結局、誰もいない世界を映し出していたのはサイバディの能力だったんですけど、そういえばバトル無かったな今回……。タクトがタウバーンに乗った瞬間、どっかヘーゲント行きましたからね。
 そしてヘーゲントと言えばニチ・ケイトがスガタメ・タイガーを操り(眠らせ?)使用してたものの、公式サイトを見てみるとその機体の所属は第2隊バニシングエイジの物。この辺りどうなってるのかがさっぱりですね。その内分かってくるとは思いますけど。
 とにかく今回は主人公がしっかりと目的を見据え、決意を固めた回だったと思います。


 来週は第5話「マンドラゴラの花言葉」。マンドラゴラって人型の根っこで引っこ抜くとひぃー! って叫び声上げるアレかと思いきや、実在したんですね……。勉強になりました。

 
スポンサーサイト

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック

「失われた未来を求めて」体験版 感想

 やっと配布開始になりましたTRUMPLE様デビュー作「失われた未来を求めて」体験版の感想を書きたいと思います。
 このゲームを知ったのは去年の冬コミだったかな? 割とでかい広告が貼られてた気がします。しかしながら開発元のメーカーが解散して残念に思ってたんですけど、復活して開発再開したのは良かったです。
 一応前作である「水平線まで何マイル?」のことは全く知らないんですけど、世界観が繋がってるとか何とか。舞台は同じでこっちの方が過去の出来事になるのかな。
 話のあらすじなど、ゲームの詳細自体は公式サイ(ry

 兎にも角にも感想を。
 普通の学園物のADVかなーと思ってたんですけど、情報公開されるに連れてそういう雰囲気ではなくなったのでワクワクしました。
 で、体験版プレイしてみると、何だか不思議要素がチラホラ。とりあえず、冒頭からのキック(パンモロ)はハートをがっちりと掴まれました! 
 目パチ口パクなどの演出(?)、立ち絵やSD絵も含めたCGも素晴らしいと思いました。そして音楽もツボ。特に挿入歌のray of memoriesが好きすぎる。
 無論、ストーリー的には体験版部分では不透明な部分も多々あるんで、迂闊なことは言えませんけど、天文学会のメンバーが魅力的かつユニークだなあと思いました。ひいては日常シーンが面白いということ。シリアスもシリアスで引き込まれる魅力がありました。
 不思議要素があると分かれば登場キャラクターの何気ない一言が伏線ではないのかとドキドキ。
 体験版部分で既にヒロインの一人、佐々木佳織と付き合ったりするんですけど、体験版の終りからすると……。うん、続きも非情に気になり、体験版としては正解な終わらせ方だと思いました。
 笑い有り、シリアス有り、何か隠された要素あり。とても期待して待っていたいと思います。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

「STAR DRIVER 輝きのタクト」第3話 感想。

 今週で3話目、やっぱリアルタイムで見る機会が少ないですね。いや、日曜なんてこんなもんか……?
 ということで「STAR DRIVER 輝きのタクト」第3話の感想を書こうと思います。

 今日も今日とて人妻女子校生から始まるこのアニメ。やっぱ放送時間オカシイって……。
 綺羅星十字団のキャラが濃すぎて、ヒロインであるワコの影が薄く見えるんだけど、いつか解消されるのでしょうか。
 魚に食われた生活費を取り戻すために、タクトが人妻女子校生の家(?)のプール掃除のバイト。ペットのワニの家らしい。さすが金持ち。
 なんというかこの辺りは本当に学園青春ものっぽいんですよねえ。綺羅星の影も出てこねえ。しかしそんな日常パートが大好きだ。
 プール掃除イベントだというのにサービスイベントもなく、演劇部副部長(キツネ?)のトラブルが発端で、タクトと人妻のお付きであるダイ・タカシが竹刀で決闘する羽目に。映像的にかなり普通なんですよね。バトル物的なエフェクトが入ってなかった気がするというか、静止画で見るとなんとも言えない感じでした。
 1話2話とフィラメントの連中が仕掛けてきましたけど、3話目はおとな銀行のメンバーが強襲。ほんとおとな銀行って何でつけたし……。
 今回の銀河美少年は剣で勝負! 実質ダイ・タカシとの2戦目。最初は苦戦してたけど、やっぱ1本じゃやり難い→2刀流で本気出すぜ→勝利! 的な王道展開。分り易すぎて見てて清々しいわ! というか公式サイトに既に2本の剣を所持してる旨が書かれてますからね……。
 スターソードは全部で12本ある様子です。
 今回の必殺技は豪快銀河十文字斬りか何か。もしかすると豪快銀河十文字斬だったかもしれない。相変わらず技名に勝てた試しがない(笑い的な意味で)。 ただ、あれは十文字じゃなくてバツの字だと思ったんだ……。
 しかしどうやらタカシは本気を出して無かった様子。印があるのにわざわざ電気棺に乗ったということで、印が何を表しているかハッキリしてませんけど、真っ先に思いつくのがタクトの胸にある☓マーク。そうするとタカシも第3フェイズ……?

 第4話はワコにスポットライトが当たるのか、それっぽい次回予告だったので期待して待ってます。

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック

『とある魔術の禁書目録』21、22巻 感想。

21巻の感想って書いてないんですよねえ。もう1ヶ月経ったくらいに気づいたんですけど、まあ22巻と一緒でいいかな? と思って先延ばしに。むしろ22巻でロシア編終わってなかったら23巻でいいかと思ってたほど。
 というわけで21、22巻、ひいてはロシア編全体の感想を書かせていただきます。

 まずは21巻。
 視点がコロコロ変わるのはご愛嬌。20巻に引き続きイギリスロシアイタリアフランス日本のキャラたちが大暴れしている感じです。
 とは言っても一番暴れたのはそもそも位相が違う世界の大天使・神の力(ガブリエル)・ミーシャ=クロイツェフでしょうか、元々の存在の位相が違うなら実力も桁違い。ただし神の御使いということであまり自由も効いてない様子ですけど。
 そして起動される魔術要塞ベツレヘムの星。さすが神の右席のボスですね。やることがいちいちデカイ。しかしながらこれも計画の一部に過ぎないと、ほんとデカ過ぎる……。
 上条さんはレッサーやサーシャと共にベツレヘムの星に潜入中、一方通行さんはひたすらラストオーダーを救うために奔走中、浜面仕上はとうとう麦野沈利と再び対峙中。

 そして22巻。
 20巻から続いた第三次世界大戦の終決です。
 初めから締めにかかってる感じが、熱くもあり寂しくもある感じですねえ。
 和解する『アイテム』、本当の燐片を見せる幻想殺し、禁断の場所にたどり着く一方通行。上条当麻の右腕が切断されたときはどうなるんだと思いきや、2巻の時に似た幻想殺しの謎現象が発生、やっぱボスクラスになると熱い展開ですね!
 「とある魔術の禁書目録」で登場した魔術師たちが一気に活躍し始める場面は本当に壮観。まさにみんなが主人公っていう展開は何度やられても込み上げてくるものがあります。
 ボス倒す→ボスの武器なり兵器なりが暴走→力ある人間が何とかするために一斉に動き出す、という王道展開を禁書でやるとやはり分量もパねえ。
 世界を救うことを目的としたフィアンマに対して、全体ではない誰かを助けるために動いた上条当麻。救いようのない善人の計画はこれにて頓挫です。
 とは言ったものの、それでもまだ3分の1くらい内容があったりするんですよねえ。戦争の終わり、能力開発の真実、とうとう出現するアレイスター=クロウリー、そして行方不明の上条当麻。
 次の巻がどうなるのか気になるところです。個人的にはSSと予想するんですけど……。

 そう言えば来月は『ヘヴィーオブジェクト』……。ペース早すぎんだろ!
 
 

テーマ:ライトノベル感想 - ジャンル:小説・文学

「STAR DRIVER 輝きのタクト」第2話 感想。あと今期のアニメの話。

 綺羅星!(挨拶)
 ヤングガンガンを読んでたらやってたので、アニメも見たら面白かった。
 ということで「STAR DRIVER 輝きのタクト」第2話の感想書いていきます。

 その前に、今期のアニメで見るものが決まってきた感じです。このアニメは勿論、ヨスガノソラ、フォーチュン・アテリアル、とある魔術の禁書目録Ⅱ、探偵オペラ ミルキィホームズ、の辺りかな?
 とりあえずヨスガノソラはBS11だと規制かかってるのが切ない! AT‐Xが羨ましいぜ。あと禁書が安定して面白いですね。闇咲さん飛ばされたかと思ったら2期の初めに来たかー。


 さてさて、それでは「STAR DRIVER 輝きのタクト」第2話の感想書きましょうかね。
 第1話も含めて考えると、やっぱ初登場のインパクトは偉大だなあ、と思いますね。銀河美少年とか綺羅星とか。
 暗くなりすぎず、真面目に馬鹿やってるのは見てて楽しいです。こう言うのは個人的に高評価。綺羅星十字団のメンバーとか見れば正体分かるだろとか、通常時間内で襲撃すればいいんじゃないかとか、その辺りの思考はカット。そんな疑問は小学生の時に通り越した!!
 あとロボのフォルムが嫌いじゃない。特に1話のアレフィストとか素敵だと思います。上手く言えませんが、とにかくサイバディは全般的に嫌いじゃない。
 2話ともなるとやっぱりインパクトが多少薄くなるというか、なれた感じがするかな。それでも個人的に面白いのでやっぱり視聴続行。あ、でもタウ銀河ビームは吹いた。
 綺羅星十字団の目的が通常時間でのサイバディ稼動及びそれによる世界状況の変化のようで、しかしヘッドさんあたりはそれを土台に何かやろうとしてるんじゃないかと予想してみる。
 この作品におけるロボによるバトルは、ウルトラマンでの戦闘とか戦隊物の巨大ロボvs巨大化した怪人に似てる気がする。戦争ではなく決闘、とか言えばわかりますかね。まあ、私のイメージですけど。
 それと、人妻女子校生とかインパクトが半端ねえ。しかし15歳って結婚できたっけ……。それとサカナちゃんの歌がいいなーと思ったけどDVDにCD収録かよ……!


 来週はバイトの話かな……? やっぱり最後はロボでバトルですよね? ビームの次はソードっぽい。
 一応毎週感想予定のつもりです。よろしくお願いします。

テーマ:STAR DRIVER 輝きのタクト - ジャンル:アニメ・コミック

「るいは智を呼ぶFANDISC 明日のむこうに視える風」感想

 ということで少々遅くなりましたが「るいは智を呼ぶFANDISC 明日のむこうに視える風」の感想書きます。
 内容としてはルートの追加、番外編、などなどといったところでした。
 詳しいことはネタバレになるので「続きを読む」から読んでいただければと思います。

 

続きを読む »

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

六村モノ

Author:六村モノ
大阪府在住のニート。
趣味は主に2次元関連。せっかくだから読書とでも言っておきましょうか……。

連絡などありましたらこちらまで。
tkyss555あっとyahoo.co.jp
(あっと=@)

『黄昏のシンセミア』を応援しています!

このブログはリンクフリーです。事前報告も事後報告要りませんので悪用で無い限りはバンバン貼っちゃってください。リンクしたい人がいるかどうかは置いといて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲーム・ブログ・ランキング

クリックしていただけるとありがたいです。

カードゲーム・ブログ 【18禁】ギャルゲー・ブログ

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援バナー

ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定 ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定 ゆずソフト最新作ドラクリオット! 【明日の君と逢うために】応援バナー 『るいは智を呼ぶ』を応援しています! 『るいは智を呼ぶファンディスク』を応援しています! 『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています! 『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています! Dies irae~Acta est Fabula~応援中! 『黄昏の先にのぼる明日-あっぷりけFanDisc-』 PULLTOP LATTEデビュー作『彼女と俺と恋人と。』 『LOVELY×CATION2』を応援しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。