モノリスの下敷き

アニメ、ゲームなどの拙い感想とか色々綴ります。 最近は書くことなくて無理やりひねり出し気味の模様。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話感想

 日曜は面倒で月曜はしんどくて、火曜にその気になりました。というわけで機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第16話「悲劇への序章」感想書きます。

 クーデターで軌道エレベーター1つ乗っ取ったのにやっぱり失敗フラグしか立たないですね、展開的に……。そんなところにセルゲイがやってきて、もうダメだ……とか思った。あの人何回あ、この人死んだな……と思わせる気でしょうか。
 ロックオンはあからさまにカタロン贔屓してますよね。別に敵対してないとはいえ一応スパイなんだから自重しないと……。
 マスラオの登場はリプレイ。てっきりアバンタイトルでやってくれると思っていた!! とりあえずトランザム(仮)で大幅に強くなったマスラオが00ライザーと激突。しかしGに耐えきれずに血を吐いてますよブシドー……。
 やっとこさ刹那とトレミー組が合流。心境の変化の表れとして、自分を変革するんだそうです。
 
 ラストはメメント・モリ2機目が登場。今度はアーサー=グッドマンが指揮をとるようですね。まさか逃がした人質をクーデター軍と一緒に葬るつもりとは、豪快ですね……。

 来週……はどうだったか。まあいい予感はしませんねえ……。
 
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

ダークシグナーごっこがしたい! 遊戯王OCG「地縛神」シリーズ活用講座。

 書くこと無いので頑張ります。複数回書けそうなので書くことに詰まったらこれを書こう……。あほなタイトルはお気になさらないでいただきたい。
 ということでハイスペックな割に召喚が比較的簡単、しかしフィールド魔法が無いとアウト! な「地縛神」シリーズはどのような使い方があるのか、検証していくというとても役に立つ記事になる予定なのです! 情報やアイデアの量に関してはWikiや本格的な遊戯王サイトの方が多いと思うので、まああんまり期待しないように……。むしろ、そこらへんからバンバン引用していこうというつもりですらあります。

 第1回(?)は「地縛神」の基本効果(暫定)から何か使い道や戦略を考えていこうかと。
 「地縛神」の基本効果(暫定)というと、
 1:「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
 2:フィールド上に表側表示でフィールド魔法カードが存在しない場合このカードを破壊する。
 3:相手はこのカードを攻撃対象に選択する事はできない。
 4:このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
 の四つ。多いっすね。

 さてさて、投げやりに「スキドレ使ったら「地縛神 Ccapac Apu」が強いんじゃね」とか書いてもそんなもんブルーアイズ出す方が早いわって話なんで真面目に考えて行くと、トークン生成能力を持つ速攻魔法「終焉の焔」が召喚に役立ちますね。フィールド魔法だとリリースの代わりにライフポイントを払う「死皇帝の陵墓」や、闇属性モンスターの攻撃力を上げる「ダークゾーン」などが相性いいんでしょうか、後はフィールドサーチの「テラ・フォーミング」やフィールドを護る「フィールドバリア」は必須な感じ。今思うと専用デッキ作った方がいいのかもしれません。種族デッキや属性デッキに入る余裕があるとは思えないです。しかし「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。と言う制約があるので大量展開できるわけじゃないんですよね。召喚制限が無いのでダークデッキ気味にダッシュガイとか投入してみると吉かもしれません。
 自分フィールドに「地縛神」1体しかフィールド上に存在しない場合、相手はこのカードを攻撃対象に選択する事はできない。という効果のために直接攻撃を受けるので、「地縛神」を含めて2体は出しておきたいですねえ。もしくは攻撃を阻害する魔法・罠カードも投入したいところです。
 このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。とのことで、悪魔族である「地縛神 Ccapac Apu」は「E‐HERO ヘル・ゲイナー」と相性が良いですね。攻撃力3000の直接攻撃×2は恐ろしいにも程がある。あとは、「セベクの祝福」で大量回復のもいいと思います。最低攻撃力(暫定)の「地縛神 Aslla Piscu」でも直接攻撃でライフを5000差にまで話すことができます。モンスターによる防御を恐れる必要が無いのであれば、魔法罠を警戒するだけなんで魔法罠を封じる魔法「大寒波」がいい感じかな? 前もってフィールド魔法はる必要がありますけど。



 今回はこんなもんかな……。次書く機会があれば「RAGING BATTLE」の発売前くらいでしょうか、何を書くかはもちろん未定なんですけど……。

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

ヴァイスシュヴァルツ始めました。

 前々から友人より誘われていたのですが、資金もないしカードゲームは遊戯王でいっぱいいっぱいなんだよなあ、とか思って断ってたのですが、デッキ一つ奢ってくれるというので私はD.C. D.C.Ⅱのトライアルデッキを購入していただきました。
 開封すると1/12の確率で封入されている箔押しサインカードが入ってて喜んでみたり。
 やっぱ遊戯王と違うので難しい……と言うか慣れないですね。当分はトライアルデッキ付属のプレイシートが無いとスムーズにプレイできない予感です。

 翌日、D.C. D.C.2……ではなくリトルバスターズのブースターパックを1パック購入。そしたら何と8BOXに1枚と言う確率でしか当たらないSPカードが当たりました。唯湖のクライマックスカード「いつかの未来のために」ですね。
 遊戯王だとホログラフィックレアくらいの確率でしょうか、素直に嬉しいです。ただ、今年の運使いきってないかなあとか心配ですね……。
 購入するのはD.C.ⅡP.C.のエクストラパックでも良かったんですが、微妙に高いし、いつになるかわからないとはいえ一応購入予定なのでネタバレは控えるべきかなあと思い回避。



 遊戯王OCG「ゴールドシリーズ」も1箱購入したのですが、ブリュもダンディも当たりませんでしたよ、はい。

テーマ:ヴァイスシュヴァルツ - ジャンル:ゲーム

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第15話感想

 め、めずらしく刹那とマリナがいい雰囲気に!? と言うことで第15話感想書きます。

 先週ラストの展開は賛否両論らしいです。あんまり賛見ませんけど。個人的には良かったと思うんだけどなあ。わざわざマリナに会いに行く刹那。態度がいつもと違う気がするのは心境の変化でしょうか、子どもたちも空気読んでいらん気遣いをしてくれましたね。(褒め言葉)
 そんなこんなで相も変わらず、しつこいビリーはとうとうCBの最後が見届けたいからと言う理由で空母に乗り込み作戦を見届けるようです。

 トレミー組は修理が追い付かないのでカタロンに補給してもらったり。ミレイナや沙慈に毛布を掛けるティエリアが微笑ましい。しかしアロウズに敵位置を把握されているトレミーは早々に敵と戦うことに……。
 00ライザーが強すぎて他の期待が今一に見えてきた……。アレルヤは頑張ろうとしてますけど、やっぱ地味なんですよねえ。
 エンプレスに苦戦してる間にトレミーが畳みかけられようとした時、軌道エレベーターにてクーデターが発生! まさか反乱組ごとエレベーターをつぶすのか!?

 最後の最後、対峙する00ライザーとマスラオ。そしてまさかのマスラオの奥儀が炸裂!! ミスターブシドーって呼ばれ方に迷惑千万とか言ってるやつの台詞じゃねえ!! まあ、つまりトランザムっぽいんですけど、普通に考えればツインドライヴにかないませんよねえ……。そこはブシドーの腕でカバー……?

 来週あたりろくでもない展開になりそう。第16話「悲劇への序章」 とりあえず楽しみに待機しときます。

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

遊戯王OCG「ゴールドシリーズ」本日発売!

 まだ買ってないけどな!! 午前2時半ですぜ。フラゲもできたのですがヨドバシはフラゲできないので我慢我慢。

 何やら「氷結界の龍 ブリューナク」と「ダンディライオン」が当たりにくいようです。まあ1箱しか買わないので当たればラッキーと言ったところでしょうか、とりあえず伏せてるのがバレない「マシュマロン」を当てるのが第一目標!

 そして来月の14日には「RAGING BATTLE」が発売ですね。「地縛神 Ccapac Apu」を当てて満足するしかねえ!!

 

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

遊戯王5D’s ディヴァインの話。

 アニメ「遊戯王5D’s」においてディヴァインとか居たっけ? と言う方に説明いたしますと、サイコデュエリスト集団“アルカディアムーブメント”の総帥であらせますお方です。自身もサイコデュエリストであり、サイキック族を駆使したデッキの使い手。十六夜アキには劣るものの、決闘において衝撃波を発生させることも可能です。
 そんな彼は普段は温厚な人格者で有り、一般の人々を少なからず憎らしく思っているものの、その感情を表に出すことは殆どなく、好意的に接するのですが、目的のためには女子供でも容赦なく蹴散らす超外道。将来の夢はサイコデュエリスト軍団を使っての世界掌握という今日び子どもでも持ちえない幼稚さ純心さを持っているのです。
 しかし、39話にて決闘に敗北して高層ビルから転落。行方不明になってしまいます。行方不明です。カーリーみたいに死んだ描写はないし、ただ叫びながら落ちて行っただけなんです!! 最近のアニメと言えば、死んだ描写が無ければ生きてると疑ってかかるのが常なのではないのですか!? そりゃメインキャラと言うわけではなく、あからさまに小物臭かったかもしれませんけど、それでも生きていると信じたい!!
 家族のようにディヴァインを慕っていたアキだって、ディヴァインが落ちて行く様を見て死んだとか今は亡きとか言って何度も回想する始末……。ディヴァインの生存を信じられるのはもはや私しかいないのか!!
 
 そういうわけで、41話にしてやっと十六夜アキが仲間になれたのです(どういうわけだ)。何となくアキの作画に気合が入っているように見えたのは私の気のせいでしょうか。
 面白そうなカードが数枚登場して、OCG化しても弱体化するんだろうなあとか、これはないわ……とか思いながら次週を楽しみに待ってます。多分決闘しないと思うのですけど。

テーマ:遊戯王5D's - ジャンル:アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第14話感想

 本日からセカンドシーズンも2クール目に突入。そんなこんなで新展開、第14話「歌が聴こえる」の感想書きます。

 2クール目突入と言うことで、オープニング変更。ルイスが部屋の窓から青空を見上げるシーンで少し泣きそうになったり。いつかあんな日が来るといいですね。

 メメント・モリを破壊したけど、逃げ切った後に強襲されるプトレマイオス2。刹那が合流ポイントに来ても居ない筈だ。正直、あの残骸の数はもう無理だろ……と思ってたわけですが、どうにか地球に降りたそうです。目覚めた時のイアンのリアクションはナイス、芸人的に考えて。あとツッコミご苦労様です。
 刹那も地球に降下してトレミー探し。しかし途中、アルケーガンダムの姿が! アルケーを追いかけるとそこにはアリーと暫定ラスボスのリボンズが。そして刹那がソレスタルビーイングに入れた理由が明かされたり。なんかリボンズの言うことがいちいち小物臭く聞こえてきたなあ……なんでだろ。
 刹那がクルジスの紛争で見た御Oガンダムのパイロットはリボンズだったとのこと。ということはリボンズも戦闘要員になりうるのですね。 

 トレミー組は再び戦闘へ。久しぶりに戦闘頑張ったアレルヤはカッコよかったよ。あとセラヴィは隠し腕がありすぎる……と思ったらセラヴィからガンダムが出てきた!? その名もセラフィムガンダム? だったと思います。すごくビックリした。
 刹那の方も戦闘に入るわけですが、やっぱトランザムになったらアルケーも蹴散らすんですねー。ガンダム無双も夢じゃない……。そんな感じでトドメ刺そうとした瞬間、トランザム状態の例の色々音とか拾える感じのあの謎の現象が発生(したのか?)。子供たちと歌うマリナの声が。曲名は「Tomorrow」でしたか。なんとなく好きな曲です。そんなこんなで刃を止めた00ライザー。それでもアルケーは大破、アリーには逃げられたみたいですけど。

 そして久しぶりのミスターブシドー。新型MSマスラオがお披露目されました。フラッグの面影があるそうですが今一解らん。あとGN粒子を利用した新しいシステムが搭載されてるとか。ビリーの「さよなら、クジョウ」にちょっと吹く。しつこ過ぎだろビリー……。
 そういえばルイスにも最新MAエンプレスが渡ったのかな? 試作機だかプロトタイプらしいので違う名前になるかもですけど。

 来週は15話「反抗の凱歌」、久しぶりに刹那とマリナが逢いますね。また離れそうな気がしますけど。

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

「candy boy」 episode:5 感想。あとマリみてもちょっと。

 candy boyチャンネルだと2008年に見れたんですよねえ……。うらやまけしからん。
 ということで年を越してから、しかも期間限定っぽいですねえ。今のうちにじっくり見ておかなくては。

 

 3、4とシリアスな感じだったせいか、5は始まってすぐに本気出してますね! いつもと同じようで何かが違う。まあ甘いのに変わりはなかったですけど。
 キツネ耳のチッこい雪乃とか出てきて何事か! と思いきや奏の夢オチ。ですよねー。
 夢のインパクトでかくて何の話だったか忘れそうになるんですが、2月14日前後ということでメインのテーマはバレンタイン。ありがちですが今1月ですよ……?
 本当、全力過ぎて何書けばいいのかわからないくらいに、ただひたすら甘い内容でした。まさにニヤニヤ動画。
 デッサンのオチはまさしく病気(良い意味で)。というか寝ぼけていたのか、もはや寝ていたのか……。



 微妙且つ色々な繋がりで、話題転換。アニメ「マリア様がみてる」が始まりましたね。OVAとか混ざってもはや何期とか判らないのですが、リリアンの学園祭と言うことは体育祭と花寺の学園祭、修学旅行のあたりは過ぎてるんでしょうか、……でしょうね。少々残念。
 原作の方も一区切り付いて一応完結したようで、もしかすると今期は最後までやるのかも? 無事完結した作品のアニメ化って何となく安心感があります。私も原作の続き買いましょうかねえ。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第13話感想

 もう3日後には14話(2クール目)が始まるというのに、今更13話の感想です。

 上やら横やらと、思ったより使い勝手の良かったメメント・モリの攻略戦の話。
 本当にカタロンが何のために出てきたのか今一解らないくらいに圧倒的な戦力を見せ付けるアロウズ。作戦始める前に壊滅の危機に陥ったカタロンを救うのは、00ライザー! 似たようなシーンがガンダムSEEDでもあった気がします。舞い降りる剣ですね。
 
 沙慈の方はルイスの居場所や状況がわかって嬉しそうなのですけど、ルイスは……。

 00ライザーの能力が圧倒的すぎてガデッサでも苦戦を強いられるように……。なんか戦力図がバンバン入れ替わりますね。今度は00ライザーに匹敵する期待でも出てくるんでしょうか。はっ! ミスターブシドー(もうこの名前でいい)か!!

 まあ主人公機強いのは良いですけど、他のメンバーも目立たせてあげてー。今回、アリオスに関してはトランザム要因。それはそれで重要な役どころだったのでしょうけど、さみしいです。
 ケルディムの新機能、ビットシールド! 防御かよ! 別にいいけど! 狙撃中はほぼ無防備ですし、ビットシールドをハロに任せれば安全性も高くなるってもんですね。
 初登場時から小物臭しか漂わせてなかったリント少佐が死亡した様子。公式サイトの紹介欄に載ることもなく散っていかれましたね……。
 
 メメント・モリはケルディムとセラヴィのコンビーネーションで無事破壊し、次回からは2クール目。全体でみると4クール目です。いよいよ最終クールですよ。2クールずつ区切っていたので長く感じたり、2クール区切りだったので短く感じたり。どっちだ。
 と言うわけで次は14話「歌が聞こえる」。刹那がプトレマイオスから離れるらしいですけど、何があったのか……。

 おまけですが、今週やってた特番のラストに、軌道エレベーター倒壊とかそんな単語が流れまして、思わず鳥肌立ったり。どの組織にもメリットが無いように思えるのですが……どうなるのやら。

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

AMARANTO 感想

 TRIFOLIUM GARDEN様の「AMARANTO」の感想書きます。ジャンルは、曰く“近未来ゴシック百合AVG”とのことで、無論全くそのとおりだと思います。
 血とか暴力表現とかありますけど、全年齢対象だったと思うので、百合好きな人は年齢問わずオススメな作品だったと思います。攻略対象は4人と、多めに感じてきた私は何か麻痺してるのだろうか。

 国と言うものがなくなり、代替的なものとして区域(セクト)が存在する世界。区域によって違うようですけど、舞台となるセクト・クインクロイツは少し荒れた感じの街ですね。
 そんな中で主人公のミオを中心にバトったり追いかけたり追いかけられたり恋愛したり、見たいな感じ。百合と言うからには主人公も女性ですし攻略対象も全員女性です。
 共通ルートが長いものの、かといって個別ルートの長さに不満があるというわけでもなく、同人だしこの値段だとこんなものかなあと言う印象。それはさておき、話の流れはどのシナリオも大体同じで、セクト・クインクロイツの統括者である女王が起こそうとしている“終末”を止めるために奔走します。だれと一緒に頑張るか、どういった動機で行動するかでルートが変わっていきます。
 そういえば何となく難しい印象がありました。実際ちゃんと思ったとおりに進めていたわけですけど、なぜでしょう。
 シリアス有り、微々グロあり、少し甘めの雰囲気もあり、コメディ的な部分もあり。あ、何か理想的なゲームに見えてきた……。とまあ、バランスとしては個人的に充分でした。百合で戦闘描写とかもありっていうのは素敵過ぎる。
 とりあえず好みでした、ということで。もう少しボリュームが欲しいと思いましたけど、まあこれは我儘ですね。どうやら春あたりに女王シナリオを予定されているらしいので楽しみです。

 こういう戦闘描写ある作品とかは、特に同人だと戦闘シーンの絵が少ないとやや残念ですねえ。仕方ないことなのでしょうけど。

 おススメはミオとシズ。長年連れ添ってきたある意味熟年カップルです。あと騎士と姫って感じがしますね。

 これほとんど説明じゃねえか……ほんとこの癖なおしたい。
 

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

ZODIAC後編感想

 8か月越しくらいでしょうか、同人ゲーム「ZODIAC」の後編も完結したので感想書きたいと思います。
 前編の方は応援バナーキャンペーンに当選して頂いたりしたのですが、今回は実費ですよー! 冬コミにて購入した2つの同人ゲームの内一つです。
 開発の方はACT‐ZERO様ですね、商業の方でもご活躍なさってる方々が集まっているようです。

 前編の方では判定者なる者が仕組んだ戦いを止めるために、戦いの参加者=12の星座をなぞった能力者のファクターである南爪らせん、郷戸統治、三ツ矢守とともに主人公・襟裳聖が果敢に闘ったり守ったり守られたり恋したり恋されたりみたいな感じで、ラストには黒化したっぽい聖が郷戸を殺すという衝撃のシーンで終わって、なんじゃそりゃあああああ!! でした。
 

 後編は多分15年前、ファクターを生んだ元凶である始平堂元とそれを止めようとする船台正義の対峙シーンからです。この時点で、始平堂が12星座+1つ目の蛇つかい座のファクターであることがほぼ確定となります。
 あまり多くは語りませんが、とりあえず展開が目まぐるしいです。次々と入れ替わる勢力、敵味方の判断が付かない緊迫感、それらが凝縮されたスピードで展開していきます。
 新たに登場した斗南美留宮や、本格的に動き出した天道明日、そして現代に見え隠れする13人目のファクター……。
 とりあえず個人的なMVPは獅子座のファクター・大鎌すぐるかなあと思いました。粋なところで出張ってきて突如目頭が熱くなるような熱血展開に流れて行ったり。

 ラストの切なさは異常。何というか、この戦いが命がけを前提としてるなら分かりそうなものなのですが、それでも最後くらいは空気読めないほど幸せな展開でいいじゃん!? しかしこんな切ない終わりもまた乙なものです。
 前編は守の死で感動して、黒くなった聖で驚愕。
 後編は目まぐるしく熱い展開を魅せられ、戦いの決着の切なさで胸がいっぱいでした。ちょっと大げさかもしれませんけど。
 特に、後半の1000円(委託なら1500円?)は決して高い物では無いと思います。


 「続きを読む」よりちょっとネタばれ気味の本音、および、ネタばれ気味の個人メモ最終版です。 
 

続きを読む »

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

2009年です。

 新年明けましておめでとうございます。まだ3が日なのでセーフのハズ……!!

 年末年始にかけてやたら忙しいのはもはや定例。コミケ帰りに島根にある母方の実家に行ってだらけたのですが、やること無くてだらけるというより持て余した感じ・・・…。
 そいで、今日帰ったのですけど、途中、水木しげるロードに行ってきました。有名ですよね、ゲゲゲの鬼太郎とか。
 道行く場所に妖怪の像が立ってたりして、それらはQRコードを読み取ることでデータが見れるようになってたり、ねずみ小僧とか猫娘も闊歩してました。妖怪神社とか有ったり、思ったより面白かったですよ。高級和菓子「目玉おやじ」はおススメです。

 なぜか後になりましたけど去年の話。冬のコミケです。
 1日目は企業メイン、欲しいものが多々有ったのですが、やっぱ欲しいものをフルで手に入れるのは難しいですよね。自分の欲しい物に約1時間、友人の欲しい物に約3時間半。今年の夏は自分で来てください、マジで。 
 2日目は夏と同じく一人で参戦、同人ゲームを二つほど買いました。後日感想書くと思います、はい。あと引き続き企業ブースで友人の欲しい物のために頑張りました。マジ足痛い……。
 3日目。東西を動き回ってほしい同人誌のために奔走……。のはずですがここにきて思ったより金がない!! まあそれでも最低限欲しい物は手に入ったのですけど。やっぱ金がいくらあっても足りないんですよねえ、と夏の反省もむなしく実感。

 さてさて、今年はどうなるんでしょうか、特に職。不況ですしね! よく分からないけど!!
 というわけで2009年最初の更新を締めくくりたいと思います。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

六村モノ

Author:六村モノ
大阪府在住のニート。
趣味は主に2次元関連。せっかくだから読書とでも言っておきましょうか……。

連絡などありましたらこちらまで。
tkyss555あっとyahoo.co.jp
(あっと=@)

『黄昏のシンセミア』を応援しています!

このブログはリンクフリーです。事前報告も事後報告要りませんので悪用で無い限りはバンバン貼っちゃってください。リンクしたい人がいるかどうかは置いといて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲーム・ブログ・ランキング

クリックしていただけるとありがたいです。

カードゲーム・ブログ 【18禁】ギャルゲー・ブログ

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援バナー

ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定 ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定 ゆずソフト最新作ドラクリオット! 【明日の君と逢うために】応援バナー 『るいは智を呼ぶ』を応援しています! 『るいは智を呼ぶファンディスク』を応援しています! 『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています! 『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています! Dies irae~Acta est Fabula~応援中! 『黄昏の先にのぼる明日-あっぷりけFanDisc-』 PULLTOP LATTEデビュー作『彼女と俺と恋人と。』 『LOVELY×CATION2』を応援しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。