モノリスの下敷き

アニメ、ゲームなどの拙い感想とか色々綴ります。 最近は書くことなくて無理やりひねり出し気味の模様。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオメビウス新作発表会へ。

 タイトル通り。スタジオメビウス「SiN‐黒朱鷺色の少女」の発表会に行ってきました。
 配布物にも惹かれましたし、最後までやってないとはいえSNOWを一応プレイしてるので期待してたので行ってきました。当たって良かった。

 ゲームの情報自体は公式サイトに出ているのと大きく違いはないかな? 
 ゲーム画面のウィンドウサイズが通常800×600から1280×1720と、サイズが大きくなるということでシステム面にも期待です。パソコン買い変えてモニターのサイズが変わってから、小さくないかと思ってたので楽しみです。
 ツンデレ魔王強制居候AVGだそうで、コメディ分大目な話かと思えばどうやらシリアスも多く含まれてそうな感じ。SiNはシリーズ名も担っているということで、複数出るそうです。
 発表会の方は大人の事情だったり、開発経緯だったり。最後の方には7月末に発売するという話もあったが、某ゲームの18禁版と被るのでやめたとか。見事な回避ですw

 
 配布物の一つにポスター貰ったんですが、カバンの中に入らず泣く泣く手に持って帰ることに。全力で守りました。でないと潰れそう……。


 
スポンサーサイト

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

るいは智を呼ぶ クリア! そして感想。

 木金土で全力投球。おかげでやたら早く終わった気がするぜ……。現在午前5時半くらい。
 そんなわけで「るいは智を呼ぶ」コンプリート。ここより先ネタバレ領域なのでお気をつけくださいませー。

 6月30日。一部修正

続きを読む »

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

るいは智を呼ぶ 発売!  現在プレイ中につき。

 と言うわけで発売です。「るいは智を呼ぶ」
 体験版部分が長く、そんなわけでまだそこから脱してはいませんが、のんびりプレイしたいと思います。
 ボーカルCDはとりあえず1ルート終えるまで聞かないんだー。一晩寝かせる感じで。どこぞの神ですか、はい。
 前の選択肢に戻るボタンがあったのでとりあえずは選択肢はある様子。そこまでたどり着くのはいつのことやら。多分明日です。
 絵コンテ・ラフ・原画集もるいのページまでしか見てないっす。なんとなく。

 そういえば先日、御影シンヤから借りた「G線上の魔王」をクリア。いい話でした。ハルと水羽がかわええ。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

デュエルターミナル第2弾やってきました。

 大阪梅田のキディランドにて。
 当たったのはX-セイバーパロムロ、ワーム・ファルコ、A・ボム、痛み分けの4枚。
 リストはいろいろなサイトで見かけたのですが、A・O・Jライト・ゲイザーがかっけえ。あとワーム・イリダンが欲しいっす。ライト・ゲイザーは輪廻独断の属性版みたいなのが来れば光ると思うのですが、来ないですよねえ。アンデットワールドが羨ましいっす。

 ついでと言ってはアレですが、ディフォーマーに絶望。変形はかっこいいのですが、攻撃力バカな私としてはあのステータスは不安……。そこはかとなくヒーローチックな匂い漂わすモンスターですねえ。

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

放課後トロイメライ 感想。

 いつの間にかレーベル変更。というわけで富士見ミステリ文庫「さよならトロイメライ」改め、富士見ファンタジア文庫「放課後トロイメライ」の感想を書きたいと思います。
 前の巻から1年ちょっと経ってるらしいですけど、この独特の文体は変わりなく、まあ書いてなかったわけでなく別の作品書いてただけですもんねえ。とにかくパロネタも多かったりで相変わらず面白いと思いました。
 やっぱファンタジアに移ったからかどうかは分かりませんが、前より増してミステリ要素が薄い気がしました。というか0? 
 この巻から読もうと思ってる人は気を付けてください。何が何だかわからない仕様になってます。ましてや次の予告も何の事だか分かりますまい……。まあさすがに少数派だと思いますが。
 中身としては満を持して琴ちゃん登場と言ったところでしょうか。電話ばっかでしたもんねえ。義理にも関わらずちゃんと兄妹やってるのは珍しい、微笑ましいと思いました。義理の兄妹(姉弟)と言えば戸籍的な倫理以外の壁は無く、法律上でもオッケーということで、微妙な禁じられた恋的なことをやったりなのが王道なんですが、しかしこれはこれでおk。
 本当の妹が現れたせいか、妹キャラの泉は何となく出番薄。珍しく都プッシュな巻と思いましたねえ。
 シリアスなのは八千代のマフラーあたりだけでしょうか、それもさよならの方読まないとわからん……というか自分でも少し覚えてなかったり。帯にラブコメディと銘打ってるだけあってラブコメやってました。まあ最初の巻が妹メインってどうなんって話ですが。


 次の巻はやっと真霜の謎に迫る様子。……さっそくラブコメじゃなくなる? 夏らしいので多分8月か9月あたり? しかし気を抜いてるとやたら待たされそうなので、ぼんやり待っておきます。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

Candy boy episode:02  配信開始したようです。

 やっとこさ来ましたCandy boy! ないだろなあと思いつつニコニコ動画をのぞいてみるとまさかの0時配信!! さすがは主人公二人の誕生日! 雪乃と奏誕生日おめでとう! 
 最近ブログの更新率低すぎてどうしようと思ってたんですが、まあ低くても問題ないですけど。書くこともできて良かったです。
 これ書いてる時点でまだ配信から1時間立ってないのでネタばれ小出しで語ります。あまり書かないけど。
 とりあえず直リン。

 

 前回と変わらず、双子の仲良かったり変態度が加速してる後輩が居たりと癒されました。マジで。ほんと百合に抵抗ない方は是非とも見てほしいです。目覚めるから。
 とりあえずプレゼント選びの際の猫耳帽子おススメ。 あと新しい寮とと咲夜の野望の結末が気になる。なんだろう、短い分どの個所もお勧めですねえ。とりあえず見ればハマる。


 次回は里帰り? それともすっ飛ぶんでしょうか、ってか来月のいつ配信でしょうか……。なるべく早くお願いします!!

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアス 反逆のルルーシュR2が面白くなってきた。

 先々週の「朱禁城の花嫁」から花嫁強奪の流れが面白すぎます。やっぱ熱いですよね花嫁強奪。
 ルルーシュの悪役っぷりも相まってシンクーのカッコよさが引き立ちます。良くやったロリコン!(褒め言葉)
 あと今週の天子様がヤバかった。色々と。顔赤くした天子様可愛いし、体育座りした天子様可愛いし、是非とも幸せになって貰いたいですね。シンクーが生き残れるかが不安ですが。
 あと、毎度のことですが、なんでルルはこうも詰めが甘いのか。自分の作戦に自信を持つのは良いんですが、心の中で焦りすぎだ……。まあそんなドジなところが人気の秘訣かもしれません。

 今週のラスト、学園にいるルルーシュは一体誰?

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

EREMENTAR GERADを読み返してみた。

 こう、今さらですけど。『EREMENTAR GERAD』について語ってみたり。
 これを見かけた当初はエレメンターガードとか読んでましたね。ちらっと見ただけの上に頭悪いんですすみません。
 実際買って読んでみると何かそこはかとなくエロエロしい雰囲気漂いつつも王道的な異世界ファンタジー(アクション?)でした。
 大まかに言うと、空賊見習いの少年クーが自らを武器へと変形させる種族、エディルレイドの少女レンとともにエディルガーデンという国を目指す話。
 個人的には調子乗ってる割に実力がない主人公は苦手なのですが、それでも面白いので集めてました。この苦手とする部分は少しずつ解消されていって安心。まあクーの成長もテーマの一つだからでしょうけど。
 既刊を全部持ってるわけじゃありませんが、昨日今日で読みなおしてみるとやっぱ面白いなあとか思ったりして、近いうちに続きを買っていきたい所存です。

 あと番外編の『蒼空の戦旗』も集めてたり。同じく既刊を全部持ってるわけじゃないですが。
 こちらは紅から2年後の話ですね。相も変わらずエディルガーデンは好き勝手やってるようなので紅はどういう風に完結するんだか……。

 

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録 16巻感想

 14巻以来の魔術サイドの話でした16巻の感想書きます。まあ舞台は学園都市でしたけど。
 「神の右席」三人目、アックアとの戦いでしたね。あと五和がやたらと出張った回……。彼女もまた当麻がフラグ立てた少女なんですが、そう言った意味では美琴が奮闘したんじゃないかと思います。当麻への感情に気付いたみたいですし、どうなっていくのか楽しみです。今のところ唯一記憶喪失のことを知ってる人間ですし。
 後方のアックアは世界に20人に満たない聖人という設定なわけですが、作中で出てきた聖人は神裂に続き二人目。予感はしてましたけど、神裂出てきた時は燃えましたねえ。神裂が天草式のメンバーに助けを求めた時はさらに燃えました。かっこいいぜ女教皇!
 そう言えば当麻は聖人相手にはどうしてもメインで活躍できませんよね。こう、魔術が無くても身体能力差が酷い所為でしょうか。神裂には勝利したとは言い難いがしますし、アックアは聖人崩しで倒してますし。
 あとインデックスも久々でしたねえ。相変わらずあまり活躍してませんが、14巻でも出てなかった気がします。
 ラスト……ってか最初の方もですが、ローマ教皇がイイ人になってやがる。初登場時もそんな感じのイメージは見え隠れしてましたけど、まさか「神の右席」の最後、右方のフィアンマと戦闘しちゃうとは。フィアンマは何となく科学に慣れてる気がしますよねえ、台詞的に。前方のヴェントがどう動くのかも楽しみです。
 
 
 
 なんかローラもいい人に見えたり。けどやってることが一々黒いから脳内で妙な混乱が……。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

とある魔術の禁書目録 アニメ化決定したそうです。

 こう、1巻発売当時からチマチマと集めてきた身としては感慨深いような寂しいような。何はともあれ広まっていくのは良いことです。『とある魔術の禁書目録』アニメ化決定! 
 先週あたりからチラホラ見かけるようにはなってましたが、情報サイトやってるわけじゃなし、焦ることはないかなあと思ってブログには書きませんでしたけど。
 色々アニメ化は微妙に問題があるのじゃないだろうかと思うこの作品ですが、何処がどう変わるかが不安で有ったり楽しみだったり……。
 小説や漫画だと例えば禁書目録にインデックスと言うルビが付いたり、超電磁砲にレールガンとルビ付いたりしますが、アニメだとインデックスはインデックスだし、レールガンはレールガンですよねえ。レディオノイズとか妨害電波でも出す能力なのかと。どうでもいいけど。
 さてさて、それに関してガンガンで連載されている漫画版禁書は現在原作3巻の所を進んでまして、ぶっちゃけ原作2巻が飛ばされてます。ま、まさかアニメでも姫神が出ないとか……ないですよね?
 

 明日は16巻の感想でも書こうかとー。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

携帯談話

 別に何処の会社がどうとか最新情報とか、どれが使いやすいとかいうのはまったく話しませんが、とりあえず携帯電話の話です。
 とりあえず聞きたいのが、家の中で携帯電話持ち歩いてますか? ということ。
 私の家は携帯電話の電波が届く場所と届かない場所があります。数年前なんかは2階の窓際くらいしか届かず、下手するとセンター止まりで問い合わせしないとメールが届きません。会話しようとすると音が飛ぶのが当たり前なので、窓に顔を押しつけながら通話することも。今となってはマシになりましたが、それでも電波が届かないところがあります。
 では、少し都会の方まで行けばどうなのか。位置によると思いますが、多分、うっかり携帯を持ち歩いて家の中をうろつこうとも電波が届くと思います。
 で、故意に携帯を持ち歩いてますか?
 私は上記の理由で家にいる時は自室の隅においてます。他の家族は下の窓際に置くことが多いですね。そして家にいる間はメール・着信が来ない限り携帯電話を頻繁に触りません。これが普通なのです。が、自分の常識と他人の常識が一致するとは限らないので。
 メールを頻繁にする人、携帯でインターネットをする人、携帯を音楽プレーヤーとしても使う人、色々いると思うのですが。家の中で携帯電話を持ち歩いているのかどうか。
 別にどうということはないのですが、純粋な疑問です。

 無駄に長いですね。

テーマ:雑記 - ジャンル:携帯電話・PHS

再び学生になりました。

 ちょっと取りたい資格があったんで、某大学にて通信の奴を。
 入学試験要らずの通信教育とは言え、前の大学とはレベルがケタ違い。レポート的に。ただ、幸いいくつか面白そうな科目があったのは救いでしょうか。
 他にもちょっとしたことやってきたんで心臓の鼓動がアホほど早いのですが、夕方ころには収まってきましたね。ゴディズ見てちょっとベッドで寝転んで考えて、開き直ってみる。

 まあ、受けたからと言って資格が取れるわけじゃないですが、受けるからには努力したいと思います。何といっても資格取らないと、その他じゃ役に立たない知識ばかりが入りますゆえ……。
 プー太郎から学生(一応)にクラスチェンジ!

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

ef - a fairy tale of the two. 感想。

 やっとこさ終わりました「ef-the latter tale」。値段の割にスケール大きいものなので、多分20時間前後かかった気がします。
 とりあえず後悔したことは前編と後編の感想、分けて書けばよかったかなあ。ということ。全体のスケールとして本当に長いので、もうごった煮な感想を書こうかと思います。まあ、正直4章読んでみても纏めた感想がいいかなあと思ったり。ちなみに、latter寄りの感想なのですが一応firstの感想、それを踏まえた全体の感想なのでタイトルがアレなんです。
 ストレートに大作で名作だと思います。というベタ褒めな一言を。本当に1本のゲームなのでどの章がオススメっていうのは無くなりましたねえ。プレイ前なら間違いなく3章を押していた……。

 そんなわけでこれより先はネタバレ領域。ネタばれはアウトー! みたいな方はご注意くださいませー。
 
 

続きを読む »

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

死なない男に恋した少女 感想。

 HJ文庫より発売されましたライトノベル。不死身の少年と肉を刺すのが好き過ぎて殺人嗜好症っぽくなった少女がバトったりラブったりする話、だと思います。
 第一回ノベルジャパン大賞奨励賞受賞作品だそうで、すごいですよね。尊敬ものです。
 とりあえず見どころといえば卑猥な単語連発しても恥ずかしがらないのに、異性の半裸見ただけで顔を赤くするヒロイン、桐崎恭子でしょうか。刺したりデレたり可愛いです。本の帯に書いてあるサシデレとか、新ジャンルは良いんですが流行ったらいろんな意味で危ない気がします。
 登場人物の会話のテンポも良く、サクサク読めると思います。ただ、不死身だからと言って日常的にテンポ良くブスブス刺すのはどうでしょうか……。さすがに共感できる方は少ないですが、全力で開き直ってるというわけではないと思いますし、拠り所を見つけてデレるのは良いことです。そこは微笑ましいです。
 なんとなく続きそうな予感。何はともあれ面白かったので出るなら素直に喜びます。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

六村モノ

Author:六村モノ
大阪府在住のニート。
趣味は主に2次元関連。せっかくだから読書とでも言っておきましょうか……。

連絡などありましたらこちらまで。
tkyss555あっとyahoo.co.jp
(あっと=@)

『黄昏のシンセミア』を応援しています!

このブログはリンクフリーです。事前報告も事後報告要りませんので悪用で無い限りはバンバン貼っちゃってください。リンクしたい人がいるかどうかは置いといて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲーム・ブログ・ランキング

クリックしていただけるとありがたいです。

カードゲーム・ブログ 【18禁】ギャルゲー・ブログ

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援バナー

ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定 ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定 ゆずソフト最新作ドラクリオット! 【明日の君と逢うために】応援バナー 『るいは智を呼ぶ』を応援しています! 『るいは智を呼ぶファンディスク』を応援しています! 『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています! 『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています! Dies irae~Acta est Fabula~応援中! 『黄昏の先にのぼる明日-あっぷりけFanDisc-』 PULLTOP LATTEデビュー作『彼女と俺と恋人と。』 『LOVELY×CATION2』を応援しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。