モノリスの下敷き

アニメ、ゲームなどの拙い感想とか色々綴ります。 最近は書くことなくて無理やりひねり出し気味の模様。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『虚構推理・鋼人七瀬・』感想。

 こんな物が出ていたのかと驚きました。これは是非とも読まねばなるまいと、翌日に書店へダッシュ。ということで講談社ノベルス『虚構推理・鋼人七瀬』の感想書きます。
 著者は城平京さん。ガンガン読んでたりすると『絶園のテンペスト』の原作者と言えばいいんでしょうか、この方の作品は『絶園のテンペスト』と『スパイラル~推理の絆~』シリーズを読んでました。そしてこれで3作品目ですね。
 小説という形では久々に読んだのですけど、やっぱセンスが半端ない。この一歩間違えたらというか、すでに一歩間違えてるからギャグになりかねないバランス。しかしだからこそ滲み出る個性。でもこれミステリなんですよね。
 この変則なようで実にストレートなミステリ、読んでて実に面白いです。あらゆる意味で。
 一見ふざけた設定だけど、事件性があるがゆえに真面目に取り組む、という意味では『スパイラル~推理の絆~ 鋼鉄番長の密室』と似通ってるかも知れないですね。他にも似た点がありますし。
 あと日本の妖怪とか出てるので民俗学とかその辺り好きな人も読めるような気がします。 亡霊とかも出てきてるからファンタジー色も強いんだけどやっぱりミステリなんです。


 シリーズ化できそうな気がするですけどどうなのかなあ。シリーズ化してほしいなあ。ワタクシごとき凡人じゃ思いつかないというだけなんですけど、虚構推理ってこれ以上ネタ出すの難しい気がする。
スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

『猫物語(白)』を読みました。

 去年の夏ごろから読み始めて、本編終わったはずなのに完結してないですね。そしていつの間にかセカンドシーズンに突入。好きだからいいんですけどね。
 『猫物語(黒)』読んだ時、あれ、1冊で終わっちゃったよ? と思ったものですが、白は白で面白かったです。というか語り部が阿良々木暦以外になったのって初めてですよね。
 西尾維新先生の作品って物語シリーズと『めだかボックス』くらいしか読んでないんですけど、やっぱ面白いなーと思いました。
 作品の内容としては、新鮮でしたね。前述の通り、語り部は阿良々木暦ではなく、羽川翼です。セクハラされない八九寺真宵、毒が抜け落ちた戦場ヶ原ひたぎ、尊敬しすぎない神原駿河。忍野忍は割といつも通りだった気がしますけど、あと千石撫子は一瞬しか出てない。千石撫子に限ってはその出てこなさが密かに怖いけど、気のせいのはず。しかし割といつも通りだったような気がしてきた。
 なんというか羽川翼の完結編みたいな感じでしょうか、『猫物語(黒)』つばさファミリー、『化物語(後)』つばさキャット、『猫物語(白)』つばさタイガーの三部作……、何か違うな。


 次の『傾物語』ではストレスも嫉妬も受け入れた羽川翼が見れるのかなーと一瞬思いましたけど、そんな事はない気がします。
 というわけで次に出るのは『傾物語』ですね。まよいがメインのまよいキョンシー。12月なら冬コミかー、列待機の時間に読めるといいな! というか『恋物語』は来年の12月予定……遠い!
 

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

『死想図書館のリヴル・ブランシェ』の感想。

 こういう「本」系統には手を出してしまいがちなんです。というわけで電撃文庫『死想図書館のリヴル・ブランシェ』の感想書きます。

 内容としては現存しない本である“死書”を巡る現代ファンタジーでしょうか。
 今巻ではクトゥルフ神話がメインに取り扱われてましたけど、2巻以降が出るのなら別の図書を扱うのかもしれない。
 主人公は類稀なる書記能力を持った目付きの悪いシスコンの黒間イツキ。こう書くとなんか終わってる感じですね! 正しいことは正しいけど、読んでみると全然違いますよ?
 ヒロインはタイトル通りリヴル・ブランシェだと思います。メイド服カワイイ。もしかするとそういう概念で括るのが間違っているかもしれない。あと幼女な神様エレシュキガルとか出てくる。そして幼馴染と妹。
 1巻だからでしょうか、やっぱり人間関係がぎこち無い。次が出るならだんだん慣れていくといいと思います。特にリヴルは感情的に色々欠けてる感じなので。もしくは後書き通り、上下という枠から一切でないのかもしれない。

 そういえばクトゥルフ神話に触れるのは初めてだったりするんですけど、全部が全部怖さとか気持ち悪さが全面に出てる感じなんですかね。何となく一生手を出すことはなさそうだ……。
 そんな感じで、この物語も本筋に入ると明るさは薄まって行く感じがします。読了後の後味は決して良いと言うわけでは有りませんけど、だからといって悪いと言うわけでも有りません。一応上手く行ったけど、主人公としては無力に近かった感じの終わりだと思いました。

 次があるならば、主人公の成長とリヴルの笑顔がみたいですね。続き出てくれないかなあ……。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

『へヴィーオブジェクト』感想

 ということで“かまちー”こと鎌池和馬さんの新作。電撃文庫『へヴィーオブジェクト』感想書きます。
 来月には禁書も出るっていうのに、筆が早いですよねえ。うらやましい。

 ジャンルは近未来アクション。
 いまだ戦争は終わらず、しかしオブジェクトという名の超巨大兵器によって戦争は激変し、オブジェクト以外の兵器はすべて前座以下のガラクタ同然と化してしまった、そんな未来。
 そんなオブジェクト相手に主人公+友人キャラが生身(多少の装備あり)で突っ込んでいくお話です。『エリート』と呼ばれるオブジェクトのパイロットの少女との出会いもあります。

 やっぱり、禁書でも見られる少年漫画的な勢いが目につきました。あとヒロインがエロい。
 オブジェクトは超巨大だというのに動きがやたら早いとのことで、なんとなくウルトラマンとかデカさの割に動きがスムーズだよねえ、とか思いましたけど、オブジェクトは人型ではなく基本球体みたいな感じなのかな? そこから用途とか世代別に分かれたり。三角のオブジェクトとかあったけど。1話につき1機出てくるオブジェクトのスペック紹介挿絵があるのですけど、シルエットなのが惜しいです。普通の挿絵だと大きすぎてオブジェクトが挿絵にならねえ……。
 あくまで人間VSオブジェクトの話なので、人間メインで挿絵になっても全然おK! わりにアクションチックな挿絵が少なかったように思います。

 ただ、戦争という内容の割にコメディ多めな文体が少々ミスマッチだったように思えます。いや、面白かったんですけど。
 前述のとおり少年漫画っぽいので、そこら辺は勢いで片づけてよろしいかと。 あとライトノベルという媒体と考えての配慮かな?
 戦闘の合間(もしくは最中)に書かれる『エリート』の少女ミリンダが恋する乙女やってて微笑ましいです。裁量次第でどうにでもできそうな設定なので、今のうちに恋とか友情とかはっちゃけて貰いたい……。

 
 新シリーズということでまだ続くのかな? 漫画化が決定しているらしいので漫画だけで展開するという可能性も? 何はともあれ、続きが読めるのなら喜んで買いますよー。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

『葉桜が来た夏5 オラトリオ』 感想。

 第14回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉受賞作第5弾(最終巻)。
 琵琶湖に隣接する、滋賀県彦根居留区を主な舞台に、女性のみで構成される異星人、アポストリの少女・葉桜と、人間の少年・南方学を通して語られる交流とか政治とか駆け引きとか。

 というわけで最終巻です。
 前回からの続きみたいな感じで、星祭登場。アポストリ評議会に堂々とした態度でふるまって、成長したなあとか思いきや内心ドキドキだったようです。しかしそれがいい!
 人間とアポストリの戦争開始まで、引き伸ばされた時間は七十二時間。その間に学と葉桜が奮闘するわけですけど、葉桜がもう振り切れ気味なので、逆にちょっと危うかったり。
 なんというか設定の都合上、女性陣がカッコよすぎる。特に灯籠と稲雀。良くも悪くも大人な二人ですので、煮え切らなかったりする部分も多々あれど、味方として力をふるまってくれる限りでは頼もしい感じでした。とりあえず灯籠はツンデレ。

 やっぱり本格的な行動開始から、終結までを1冊に収めるとなると、いつも通りといいますか、少々急ぎ足な展開だなあ、と思いました。綺麗に纏まってるからいいんですけどね。
 学と葉桜はほんと、なんであんたらがそこまで頑張るんだというくらい頑張ってますね。まあ主人公とヒロインだからなんですけど、まあ、やっと二人が付き合い始めましたね。始めたって言うのもおかしな話ですが、割と思いきった行動に出た学が無駄にカッケーです。そしてその後の葉桜も乙女かっけえ。

 最終的には答えを出すには少々難しそうないろいろ問題を残しつつ、俺たちの戦い(?)はこれからだエンドでした。戦争は防げたけど、また似たようなことが起こるかもしれない。これから先、学と葉桜の仲は認められないかもしれない。それでも歩み寄っていくわけですね。作品は終わっちゃいましたけど、作中の人物たちは頑張り続けるでしょう。
 あと、恵吾さん生きててよかった! 
 そして星祭を想ってる多田さんは微妙に報われねえな……。せっかくの新キャラだというのに。


 というわけで『葉桜が来た夏』全5巻。読了いたしましたー。
 こうして、継続して感想書くほど好きな作品なので、本棚では割と見つけやすい位置に置いてあります。たぶん近いうちに1巻から再読するかな。
 
 

 

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

六村モノ

Author:六村モノ
大阪府在住のニート。
趣味は主に2次元関連。せっかくだから読書とでも言っておきましょうか……。

連絡などありましたらこちらまで。
tkyss555あっとyahoo.co.jp
(あっと=@)

『黄昏のシンセミア』を応援しています!

このブログはリンクフリーです。事前報告も事後報告要りませんので悪用で無い限りはバンバン貼っちゃってください。リンクしたい人がいるかどうかは置いといて。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲーム・ブログ・ランキング

クリックしていただけるとありがたいです。

カードゲーム・ブログ 【18禁】ギャルゲー・ブログ

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援バナー

ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定 ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定 ゆずソフト最新作ドラクリオット! 【明日の君と逢うために】応援バナー 『るいは智を呼ぶ』を応援しています! 『るいは智を呼ぶファンディスク』を応援しています! 『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています! 『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています! Dies irae~Acta est Fabula~応援中! 『黄昏の先にのぼる明日-あっぷりけFanDisc-』 PULLTOP LATTEデビュー作『彼女と俺と恋人と。』 『LOVELY×CATION2』を応援しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。